デリバレイティブ映画観

~ゆるやか映画感想ブログ~

『ゴーン・ガール』 ~サイコな女性は好きですか?~

サイコな女性は好きですか?

今回の映画は、二転三転するストーリーと、衝撃のラストで知られるデヴィッド・フィンチャー監督のゴーン・ガール』(2014)です!

前回に続いて超有名な名作。にわかなのでお許しを。波乱のストーリーはすでに広く知られるところですので、今回もネタバレありで書いていきます。

 

デビッド・フィンチャー監督といえば『セブン』や『ファイト・クラブ』、『ソーシャル・ネットワーク』など、サスペンス映画の名手です。

『セブン』も『ファイト・クラブ』も一言では言えないほど面白い映画だったんですが、今回の『ゴーン・ガール』も怖さでいったら同じくらい怖かった。

サイコっぷりでは上回っているともいえる『ゴーン・ガール』、

まずはあらすじ。

すでに映画を見た人はどうぞ飛ばしてください。

結婚5周年の日が近づいていたある日、夫であるニック(ベンアフレック)が家に帰ると、家の中が荒らされていて、妻のエイミーロザムンド・パイク)の行方が分からなくなっていました。

家の中には血痕もあって、誘拐や殺人など様々な状況が想定される中で、エイミーの両親も駆けつけて警察の公開捜査が始まります。

事件はメディアに大きく取り上げられ、ニックもメディア対応を迫られるのですが、少しぬけてるニックは、写真を取られるときに笑顔になったり、なまじルックスがよかったりして、世間から妻殺しの疑いをかけられるようになります。

クレジットカードの利用記録や、エイミーの生命保険が増額されていたことなど、どんどん出てくる状況証拠も、ニックを不利な立場へと追いやっていきます。

さらに、エイミーが妊娠していたのではないか、という証拠が出るに至り、ニックへの疑いがこの上なく強まったところで、主眼がエイミー側からのストーリーに切り替わります。

そこで、全てがエイミーによって周到に計画されたニックに対する復讐劇だったことが明かされます。ニックに妻殺しの嫌疑をかけ、死刑にされることを狙っていたのです。

エイミーは、夫婦の生活にすれ違いが生じていたことに加え、ニックがアンディという若い女と浮気していたことが決定的なきっかけとなって、この事件を計画したのでした。

エイミーは準備を終えると、髪や服装を変えて、遠くのモーテルで悠々と暮らしていました。

一方ニックも弁護士を雇い、嫌疑を晴らすために動き出します。

彼はエイミーによってすべてが仕組まれていたことに気づき、なんとかしてエイミーを探そうとしますが、アンディとの浮気がメディアによって暴露されたことでニックへの世間の反感はこれ以上なく強まります。

ニックは双子の妹のマーゴや弁護士と相談して、世間でのイメージ向上を図るためにトーク番組に出演。そこで、殺人を否定したうえで夫としてのすべての失態を認め、エイミーに戻ってくるよう誠実に訴えたのです。

エイミーは、デジーという男の別荘でそれを見ていました。モーテルの隣人に持ち金を強奪され無一文となってしまった彼女は、高校の同級生であり、かつてエイミーへのストーカー行為で接近禁止令が出されていたデジーを頼って、彼にかくまわれていたのでした。

番組でのニックの様子を見て、ニックへの愛が再燃したエイミーは、デジーの家から逃げてニックのもとへ戻ることを決意します。デジーは彼女を監禁しようとしており、監視カメラなどが別荘には張り巡らされていましたが、エイミーは策略を巡らしてデジーを殺害。

エイミーが血まみれの姿でニックのもとへ戻ってきます。エイミーはデジーに監禁されており、彼を正当防衛で殺害して戻ったと述べました。世間は彼女の帰還を奇跡だと騒ぎ立て、事件は解決ということになりました。

しかし、エイミーが周到な計画で自分を陥れようとしたことを知っているニックは、デジーの殺害もエイミーの策略であることにうすうす感づいていました。

そんな中、エイミーは自分がデジーを殺したことを認め、そのうえで結婚生活を続けることをニックに要求します。

ニックはもちろん離婚したがりますが、エイミーに対する恐怖から夫婦としての生活は続き、数か月ののちテレビのインタビュー直前に彼女から妊娠を告げられるにいたって、ニックは完全にエイミーの支配をうけいれるのでした。

 

ここがよかった①

やはり二転三転するストーリー展開はすごく面白いです。

ニックに対する疑いが強まっていく過程においては、

「エイミーに何が起こったのだろう?犯人はいったいだれなのか?」という疑問がストーリーを進めていきます。ここの展開もサスペンス的で面白い。

しかし、すべてがエイミーの復讐劇だったことが明らかになるにつれ、そのこと自体の驚きはもちろん、

「ニックがエイミーの策略をどう打ち破るのか?それに対してエイミーは逃げ切れるのか?」という2人のバトルに対する興味が強まっていきます。

そして、どう物語が決着するのかを見守っていた観客が予想だにしない、デジーを殺してニックの元に戻るという行動がもたらす驚き、そして恐怖。

自分を憎み、殺そうとまでした妻が、他人を殺してまで自分のところに戻ってくる。

自分の気持ちのままに平然と他人を殺し、周到に準備された嘘で夫婦の生活へと戻るそのエゴイズムや、冷徹さ。理解の範疇からかけ離れているがゆえに怖い。

ニックが感じた恐怖を、すべてを見ていた観客も同じように味わわされます。

そして、その恐怖から逃れられないという二重の恐怖。

離婚して逃げようなんてすれば、何をされるか分かったものではないので。

そりゃあマーゴも泣いちゃいます。

そして、子供まで作って外堀を徹底的に埋めるエイミー。

あまりの逃れようのなさに、ニックはあきらめてエイミーの支配を受けるしかありません。

一方で、ニックはそんなエイミーに魅力を感じている部分もあって、夫婦の、ひいては人間同士の複雑な心理にまで言及されているストーリーでした。

ここがよかった②

外せないのがベンアフレックロザムンド・パイクの演技ですね。

どこか抜けてるし、自分勝手で鼻につくところがありながらも、なんか憎めない、同情してしまうキャラクターにベンアフレックがうまくはまっていたように感じました。

プロポーズのシーンも美しいです。

ですが何よりロザムンド・パイクの狂いっぷり。

着々と復讐計画を準備して、それを実行する瞬間の満足げな爽快な表情には、うまくやったなあと共感できる感じもあるし、

モーテルでお金を盗まれてめちゃくちゃ悔しがるシーンあたりまでは狂っているという感じよりもむしろ人間らしい印象でした

けれど、デジーを殺す準備を進めていくシーンは狂気ですね。殺害シーンもえげつないですし。

でも、本当の狂気はそこからで、血まみれでニックの元に戻り、警察に平然とうそをつき、シャワー室でニックに殺人を自白したのちに結婚生活を続けるように迫るあたりはサイコです。

それが結婚でしょ、みたいなセリフも、そうかもしんないけど開き直りすぎてて怖い。笑顔も底知れない感じ。

でも一方で、そこまでの行動力や芯の強さはあこがれるところではあります。

見た目の変化もすごいです。身をやつして逃亡するシーンからの、デジーの家で現れる整ったパイクの美しさ。あこがれますが、きれいだからこそ恐怖も増します。

とにかく、この人以外ありえない、っていう印象的な女優さんでした。

ここがよかった③

あとは演出ですね。序盤の謎が深まっていく過程と、ニックへの疑いがじわじわと強まっていく雰囲気。

そして事実よりも印象に基づいて憶測で話が進んでいくメディアの姿勢、パイクに劣らず人間の怖さをよく感じさせてくれました。

弁護士のひともよかったですね。アメリカのキレもの、って感じで。

浮気相手のアンディも絶妙に女性に嫌われそう。

デジーも怖かった。セリフや行動がいちいちストーカーっぽくて。

この映画にいわゆるいい人はあんまり出てきません。女刑事さんくらいかな。

映画に安心できるシーンがないのはそれだからでしょうか。

まとめ

まさに傑作ホラーサスペンスです。フィンチャー監督ありがとう。

とっても遅まきながら、2時間半楽しませていただきました。

女性は怖いっていう感想を抱きがちな映画ですが、あそこまでの女性はめったにいません。

ご安心ください。

まだまだ書きたいことはありますが、このあたりで。